査定は複数の業者に依頼しよう!

不動産一括査定でマンションの査定額3600万円が4150万円に!(550万円もアップ!)

 

家を売りたいなら、必ず複数の業者に査定をしてもらいましょう。
面倒だからといって、ひとつの業者だけにしてしまうと、よっぽど運が良く無い限り必ず損してしまいます。

 

独自審査を通過した会社のみ400社以上の中から最大10社まで査定依頼ができ、複数社の査定価格を比較することができます。
しかも無料!

 

→今すぐ不動産無料一括査定をしたい人はこちら。
家を売りたい!マンション・一戸建て・不動産売却ナビ

 

不動産一括査定を利用するメリット

業者による価格・サービス競争

不動産一括査定で査定を依頼できる不動産会社は、あなたが複数の業者に査定依頼している事も承知のうえです。比較される事が分かっているため、価格面やサービス面において良い条件を提示してくれやすくなります。

 

地域の相場感が分かる

複数の業者に査定を依頼することによって、極端に安かったり高かったりする業者をピックアップする事ができます。価格の根拠について質問することで、他の業者では気付かなかった、あなたの家の良いところや悪いところを発見する良い機会になる事もあります。

 

悪徳業者に当たる可能性が低い

不動産一括査定サービスは、査定に参加する業者を選ぶ時に独自の審査を設けている場合がほとんどです。(※ここは要チェックです!)また、実際にユーザーが利用してみて評判の悪い業者に対しては注意を行ったり、登録を抹消するなどの措置を行いますので、自分で不動産会社を探すよりも安心です。

 

無料で利用できる

何よりも完全無料で利用できるため、デメリットはほとんどありません。無料で利用できる理由は、不動産会社からの広告料(厳密には情報料)で利益を出しているからです。※つまり、不動産会社は家を売りたい人の情報を不動産一括査定サービスから買っているわけです。

 

不動産一括査定を利用するデメリット

デメリットはほとんどありませんが、たったひとつ上げるとするなら、複数の業者に対応しないといけないというところです。
当然ながら、見積りを依頼した全ての業者から連絡が来ますので、それに対応するのが面倒だと感じるかもしれません。
しかし、得られるメリットを考えるとほとんど問題にならないと思います。
複数査定を行う時は、査定を依頼する業者を選ぶ事ができますので、対応できる数に絞る事もできます。

 

おすすめの不動産一括査定サービス

RE−GUIDE


http://www.re-guide.jp/

  • 運営会社:株式会社ウェイブダッシュ
  • 登録会社:厳選400社以上
  • 運営実績:2006年にSBI不動産ガイドとしてスタート

独自審査を通過した不動産会社のみに査定を依頼できるので安心です!

>>>RE−GUIDE公式サイトを見て見る

 

イエウール


http://ieul.jp/

  • 運営会社:株式会社Speee
  • 登録会社:全国1200社以上
  • 運営実績:サイト利用450万件突破!

登録会社数が圧倒的に多いので、地方や田舎の物件でも不動産会社が見つかりやすいです。

>>>イエウール公式サイトを見て見る

 

HOME4U


http://www.home4u.jp/

  • 運営会社:株式会社NTTデータ
  • 登録会社:全国500社以上
  • 運営実績:サイト利用550万件突破!

都心部を中心に、厳選された不動産会社に査定を依頼できます。

>>>HOME4U公式サイトを見て見る

 

サイトにより登録不動産会社が違うので、複数のサイトを組み合わせて選択するのも有りです。

 

どこにするか迷っているなら、独自審査を通過した不動産会社だけが査定に参加するRE−GUIDEが安心でおすすめです。

 

不動産売却を有利に進めるための方法

「持っている不動産を少しでも高く売りたい」
あなたはこう思っているからこそ今このページを見てくれていると思います。

 

ですが、「不動産に関してそこまで詳しくないし、どうすれば高く売る事ができるのかわからない。」という事も思っているでしょう。

 

そんな事を思っているあなたのために「マンション」「一戸建て」といったあなたが持っている不動産を少しでも高く売る方法をお伝えしていきます。

 

不動産売却で一番に考えなければならない事

 

それは、

 

不動産を売却する時に仲介を頼む会社をどこの不動産会社にするか?
という事なんですね。

 

正直、仲介を依頼する不動産会社によって査定で出る金額はかなり変わります。

 

依頼する会社によっては200?300万ぐらい変わる事もあれば中には500万ほど変わる事もあるのです。

 

500万円というと、高級車を1台買う事ができる金額ですよね?

 

あなたの売りたい不動産の売値が500万円高くなる事を想像してみてください。

 

その金額があれば何に使いますか?

 

車を買うのもいいでしょうし、生活費にするのもいいでしょうし、海外旅行に行くのもいいでしょう。

 

様々な使い道が想像できると思います。

 

では、どうすれば優良な不動産会社にあなたの不動産売却の仲介や査定を依頼する事ができるのでしょうか?

 

優良な不動産会社を選ぶ際にやるべき3つの事

 

ここではあなたが不動産会社を選ぶ時にどんな基準で選べばいいのかをお伝えしていきます。

 

その中で優良な不動産会社を選ぶためにはどんな行動を取ればいいのかという事を知っておいてください。

 

まずは見なければならない事をお伝えします。

 

優良な不動産会社を選ぶ基準というのは3つあります。

  1. 免許
  2. 得意分野
  3. 販売活動

この3つなんですね。

 

そして、優良な不動産会社を選ぶ基準というのがこの3つであるという事を把握した上であなたがやるべき事の1つ目がこれです。

 

免許番号を確認する

民間の不動産会社がマンションや一戸建てといった不動産の取引を行うためには「宅地建物取引業」という都道府県知事の認めた免許が必要になります。

 

「宅地建物取引業」という免許が無ければ取引をする事はできませんし、もしも無免許で取引をすれば行政から取り締まりを受けます。

 

ある意味、「車やバイクの無免許運転」と同じようなものだと考えてください。

 

もしも車やバイクを無免許で運転すれば警察に捕まりますよね?

 

それと同じように、不動産も無免許で取引をすれば行政から処分を受けます。

 

もしも、免許を持っていない不動産会社と取引をしてしまうとどうなるでしょうか?

 

適正な価値で査定をしてもらえずに結果としては安い値段で売却しなければならないかもしれません。

 

何よりも無免許で不動産取引をやっている不動産会社に対して信用なんてできないでしょう。

 

だからこそ取引したい不動産会社の免許番号を確認する事が大事なのです。

 

免許番号を確認する事によって無免許で不動産を売買している不動産会社との取引を防ぐ事ができます。

 

ですがそれだけではありません。

 

取引する不動産会社の過去の実績や行政からの処分歴を見る事ができるのです。

 

それによって、あなたが取引しようとしている不動産会社が信用できる所か否かを把握する事ができます。

 

免許番号を確認するためには取引したい不動産会社の免許を交付した行政機関に行ってください。
その不動産会社がある都道府県の都道府県庁に行けば無料で見せてくれます。

 

続いては2つ目です。

 

得意分野は何かを把握する

人にも得意不得意があるように、不動産会社にも得意不得意な分野があります。

 

宅地建物取引業の免許を取得していたとしても行っている業務というのは不動産会社によって違います。

 

主に分譲業者、買取再販業者、媒介業者といった種類に分けられます。

 

分譲業者を簡単に説明すると「土地開発をしてマンションを建てた後に販売会社や子会社に販売を委託するかエンドユーザーである一般のお客様に直接マンションを売る業者」
と考えてください。

 

「住友不動産」「東急不動産」「野村不動産」「三菱地所レジデンス」などといった企業が分譲業者の中では有名な不動産会社です。

 

そこに「大京」「東京建物」「三井不動産レジデンシャル」「三菱地所レジデンス」を加えてメジャーセブンとも呼ばれます。

 

買取再販業者を簡単に説明すると「安く売られている中古の物件を買取してその後に自社でリフォームして再び販売する業者」の事を言います。

 

一言で言うと「不動産のリサイクル業者」とも言い換える事ができるでしょう。

 

媒介業者というのは一言で言うと「不動産の仲介業者」です。

 

不動産を売りたい人と不動産を買いたい人の間に入ってこの2者をつなげる役割の不動産会社です。

 

あなたが不動産の売却を依頼するのであれば「媒介業者」というジャンルの不動産会社に依頼をしてください。

 

媒介業者の中でも一戸建ての住宅をメインに扱う媒介業者、中古マンションをメインに扱う媒介業者、といった様々な媒介業者が存在しています。

 

媒介業者の中でも得意分野が違うのであなたが取引したい不動産会社は何を得意としている業者なのかを事前に把握してください。

 

続いては3つ目です。

 

3.どんな販売活動をしているかを知る

「取引する不動産会社は大手がいいのか中小がいいのか」といった事を悩んでいる方は多いです。

 

ですが、実際にどちらがいいのかというのは一概には言えないのも事実なのです。

 

その理由というのは、大手の不動産会社であれば「不動産を買いたい」という見込み客をたくさん抱えているので購入を希望する人をなるべく早く見つけてくれる事があります。

 

一方で中小の不動産会社であれば「地元の事を把握した上であなたの相談にもしっかりと乗ってくれる」という事もあります。

 

なので、「大手がいいか中小がいいか」というのは一概には言えません。

 

不動産会社を見る時には「どんな販売活動を行っているのか?」という事を見るようにしてください。

 

気になる不動産会社があればその部分に関して聞いてみるのもいいでしょう。

 

販売活動がしっかりとできている所と取引するようにしてください。

 

販売活動がしっかりとできていない不動産会社に仲介を依頼してしまうと結局のところ売却する事ができなかったという事にもなりかねません。

 

だからこそ、どんな販売活動をやっているのかを聞くのが重要なのです。

 

以上の3つが、あなたが不動産会社と取引する際にやるべき事です。

 

とは言っても「免許番号を確認する」「得意分野を把握する」「どんな販売活動をしているのかを知る」というのを1社ずつやっていくのも大変だと思います。

 

だからこそ・・・

 

一括査定で基準を満たした不動産会社を見つけよう

 

一括査定サイトを利用して「免許」「得意分野」「販売活動」この3つの基準を満たした不動産会社を見つけてください。

 

では、一括査定サイトというのはどのような基準で選べばいいのでしょうか?

 

まずはしっかりと審査を行っている一括査定サイトを利用してください。

 

それによって無免許の不動産会社や過去に行政処分を受けた不動産会社に当たる心配も無くなります。

 

なおかつ、わざわざ都道府県庁まで行く必要もありません。

 

なによりも一括査定サイトを使えばその名の通り複数の会社に一括査定できるので「得意分野」「販売活動」という部分も見やすくなります。

 

そして、複数社の査定額を見る事ができるので販売活動や金額などがあなたの求める条件に合った不動産会社に依頼するのがいいでしょう。

 

一括査定サイトを使う事によって「免許」「得意分野」「販売活動」の3つの基準を満たした不動産会社であなたの不動産を納得できる金額で売却する事につながります。